横須賀海軍カレー本舗

よこすか海軍カレーとは?


カレーライスが家庭に普及したルーツは旧日本海軍にあるといわれています。

横須賀は海軍とともに歩んできた街であり、海軍ゆかりの地として歩んできた街「横須賀」は 日本で食されるカレーのルーツである「海軍カレー」を、 新たに「 よこすか海軍カレー 」と名付け、 横須賀が「カレーの街」たることを宣言したのです。



ルーツは海軍の軍隊食!?
明治初めの頃、海軍・陸軍軍人の病死の最大の原因は脚気でした。明治11年の記録のに、海軍の総兵員数4,528名中、脚気患者1,485名(32.79%)死亡者が32名あるほど深刻な問題でした。
この脚気の予防法を確立したのは後の海軍軍医総監・高木兼寛。白米中心で栄養バランスの偏った食事が原因であることを突き止め、模範としていたイギリス海軍の兵食を参考に改善を行ったところ、脚気は激減。この兵食のメニューの中にカレーシチューがあり、それをご飯に合うようにアレンジしたものが現在家庭で食べられているカレーライスのルーツだと言われています。
その後、故郷に帰還した兵士たちによって全国に広まってゆきました。


“カレーの街よこすか”がスタート
平成10年、海上自衛隊横須賀地方総監のお別れパーティーの席上で、総監から「呉市と舞鶴市の肉じゃが本家争い」の話題がのぼりました。
海軍の街である横須賀でカレー発信の地として地域の活性化をはかってみてはという話になり、これを受けて市役所・商工会議所、海上自衛隊が共同で調査を開始。
平成11年5月20日、「カレーの街よこすか推進委員会」が発足しました。


「よこすか海軍カレー」誕生!
「当時の味を再現しよう」をテーマに、「よこすか海軍カレー」(平成13年12月21日商標登録)が誕生。 「海軍割烹術参考書」(明治41年)にあるカレイライスの作り方を忠実に再現した、新名物の誕生となりました。これが、よこすか海軍カレーです!







Top Page

Page Top





横須賀海軍カレー本舗


2020年4月11日(土)から4月30日(木)までの平日・土日とも、下記時間にて営業致します。 ■横須賀海軍カレー本舗
1F物産
平日・土日祝:9:00~18:00
2Fレストラン
平日・土日祝:11:00-16:00(15時30LO)


定休日
年中無休 (1月1日~1月3日休み)


〒238-0007
横須賀市若松町1-11-8 YYポート横須賀
京浜急行「横須賀中央駅」下車 徒歩2分
・・・アクセス詳細はこちら
※お車の場合は、お近くの駐車場をご利用ください。

電話番号
046-829-1221
2階レストラン ご予約問い合わせ先 電話番号
046-829-1229

Copyright © yokosuka-curry.com all rights reserved.